スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集英社も驚くドラゴンボール
お久しぶりです。気が付いたら1ヶ月たってました。
特に何かしていたわけではないです。ただひたすら日常生活を送っていましたー。

ブルマドラゴンボールファンの竜子が実写版ドラゴンボール観てきました。
この映画が生まれてしまったこと自体がファンタジーです。
映画の広告ポスターでは「集英社も驚く!」とか「別次元のドラゴンボール」とか自ら言ってますしね。
実写化されることは、最初から誰も望んでなかったんじゃない?

見所は
・ブルマとチチが超カッコイイ。
・「かめはめ波」がどう聞いても「カミハミ波」
・アジアをかなりカン違いしている
の3つ。エミー・ロッサムとジェイミー・チェンのファンは楽しめると思います。
と、いうことでブルマを描いてみた。子供の時、悟空やベジータは真似して描いてたけど、女キャラは18号以外描いた覚えないから、多分初描き。

上映時間は1時間半とやたら短いので、多分子供向けです。
しかし説明はほとんどなく、大雑把なストーリー展開です。
あと、しょぼいです。

ドラゴンボールの魅力は、悟空の人間性だと思います。
それが全くなくなった以上、やはり映画は全くの別物ですが、悟空が大猿と闘うエピソードなどは、良いと感じました。
ただ、盛り上げるべきところが全て中途半端だったのがちょっと、なあ。

でもカミハミ波は、是非ポーズともども流行ってほしいところです。
スポンサーサイト

20世紀少年2章みた
逆転裁判が宝塚で衝撃の舞台化しましたが、ふつうにテレビドラマにするなら香取くんでもいいかもしれない、とAQUOSのポスター広告みて思った竜子です。
ただスーツと髪型が似てるだけですが。


●そういや、ウカガカページにゴースト「BTH(裏子)」と「BRH(ウラキ)」の原稿を描きました。
ユーザーさんからの推薦コメントも募集しているので、参加してみてはどうでしょう。

さて、20世紀少年観てきました。
竜子はマンガ全部読んで1章も観ています。ちなみに1章の感想はこっち

思っていたほどダメではなかったです(失礼)。でも別に良くもなかったです。
1章もマンガも知らない方には到底オススメできないですしね。
竜子の思ったことを書いてみます。ネタバレありますし、超辛口ですから、観にいく予定の方は注意。


蝶野と知り合い、ブリが死ぬまでの冒頭は最悪でした。ハッキリ言って、もう帰りたいとさえ。
マフィアの話やオカマのところは別の何かに置き換えられたと思うんだよなー。
蝶野をカンナがあっさり信じた理由が分からないし。
中盤から終盤は、話が詰まっていたので終わりまで見ることができましたが、終わった時「これで終わりなの?」って感じでした。キャラが多すぎて書き込みが不十分なので、物足りなかったのは第1章と同じ。削るところと映像化するところのポイントが変。
カンナが「ともだち」の娘だということを知った時に、泣きじゃくりながらケンジの歌を再生しようとしていた、あの姿は必要だったはず。自分の信念を覆されたのだから。
そこカンナ編(勝手に命名)の最盛り上がりポイントじゃねーか。もっとキャラの心情を描いて欲しい。
ストーリーなぞったり、CG効果いれるのはそれからでしょー?
あ、カンナ役の平愛梨は、以前「笑うミカエル」の和音役でみたことがあったので、正直言って「カンナのイメージじゃないし絶対微妙」と思っていたのですが、意外とハマっていて可愛かったです。
男性からより、女性から支持されそうな颯爽とした美少女というか。ただ、まあ、演技は、まあ、ね。

・カメラワークとセリフ回しがとにかくマズイ出来でした。映画じゃなくてテレビドラマかCMみたいな撮り方で、これならマンガの構図を忠実に再現した1章の方がマシなのでは?
・「2章は原作と違う!」とのうたい文句でしたが、特に威張れるほどの変更点はありませんでした。
そのくらいの改変は映画にするうえで当然じゃん、みたいな。
映画的に小泉はいらないし、サダキヨの使い方も微妙。もっと変更加えていい位置に配置換えしてよ…………。キーキャラだったんだから。


乗りかかった船なんで、最終章も観にいきます。予告編見た限りでは盛り上げ方が原作より分かりやすそうでしたし。

■蛇足:今後の映画観にいきたい予定リスト
・ヘブンズドア/ララピポ/ベンジャミン・バトン(公開中)
・DRAGONBALL EVOLUTION(3/13公開)………絶対ジャガーさんとどっこいの唖然映画
・ホノカアボーイ(3/14公開)………すごいいい雰囲気

●拍手ありがとうございました!(返事遅くなったのでちょっと省略)●「続きを表示」してください

ええ!?
宝塚歌劇の太王四神記を観ました。ヨンさまがやってた、韓国のSFXドラマの舞台化です。
原作のドラマは1,2回観た程度だったのですが、あの長いストーリーをよくも3時間内にまとまたものです。舞台すごくよかった?!
あたしは宝塚好きですが、演じている方のカッコよさよりも、舞台装置などに興味があって観に行ってるのですが、今回はそういった舞台仕掛けみたいなのがたくさん観れて超満足。
スターたちも歌もうまいし、迫力満点でした。曲もカッコよかったです。
題材の話題性のためか、いつもより男性の来場者も多かったです。
…………今からだと休日は確実に立ち見だと思いますが、どうですか?

で、帰りに次回公演のチェックしようとポスター告知を見てビビりました。
宝塚で逆転裁判。何ソレ全然知らなかったわ!それについての記事はコレとかかな。
ちなみに「バウホール」はメイン歌劇会場ではありません。普段、歌劇団はトップスターが必ず主役をやるのですが、バウホールではトップスターではない、3番手あたりの人たちが主役を演じるなど、力だめし的要因もある舞台なのです。
しかし、何でまたこれが宝塚に?

宝塚を観に行ってるんで、大体どういったアレンジがされてしまうのか想像は付きますが、ナゾです。

●拍手ありがとうございました!返信は後日します!●

ゲロゲーロ
ゲロゲーロ「パコと魔法の絵本」観にいきましたー!

ゲロゲーロ!ゲロゲーロ!
「嫌われ松子」と同監督だけあって、とても舞台的でスピーディーな映画だったよ!
とてもステキなので、時間のある方は是非映画館に足を運べぜよ。
どうしてなのかは知らないけれど、竜子は映画中、何度も声を押し殺して号泣し、映画が終わってもしばらく放心しちゃったよ。
ゲロゲーロ!ゲロゲーロ!
ガマ王子のガマグチ買ったぞよ。他にも色々買ったぞよ。

■ウラキ更新しました!トークなどが追加されてます。

●拍手ありがとうございました●
・09/07 19:35 MASAさん
→おお、弟にも言っておこう。CDも再販なのですかー!というかこんなページがあったんですね、知らなかった!

・09/07 23:10 鄙さん
→マンガについてたCD聴いたのですかー?ちょっと気になる。映画はお金かかってるだけはあります。ああいうリアル系のCGは画面が小さくなるとウソっぽく見えるので映画館で見ることをオススメします。

・09/08 23:17 貴乃久遠さん
→おお、ならばよかったです!今日更新しましたので楽しんでもらえればよいのですが。

・09/09 21:10 Husterさん
→メニューの時計は「花咲けミー」。よくお気づきで。最近知人にプレゼントするためサイトを覗いたらこのパーツがあったので思わず追加してしまいました。かわいい☆

・09/11 00:29 匿名さん
→観に行く分には原作のイメージは壊れないかと。ちなみにこの休日に髪切ってパーマあてたので南ちゃんではなくなりました。

20世紀少年観ました!
髪が多いのであと少し放置してたら南ちゃんカットになってしまいそうな竜子です。

タイトルの通り、20世紀少年を観ました。
と言っても観たのは先週。帰宅してから記事書いたのですが更新すんの忘れてました。テヘ☆

原作ファンとしては、がっかりしないよう期待せずに観に行きましたが、それなりの出来でしたので第二章も観ようと思います。
キャスト超豪華なのに全員ぴったりすぎ。特に豊悦。もしかして元々モデルにして絵描いてたんかと疑うくらい。
色々思うところはあるのですが、少しだけ感想をば。白文字にしますのでネタバレOKな方だけ見てね。
前半のケンヂが巻き込まれ、立ち上がるまでの流れはとてもよかった。
冒頭の刑務所シーンもわかりやしくまとまってたし。
でもみんなが仲間として集うシーンすっ飛ばしすぎ。
もっとみんなの結束を描かなきゃ説得力ないよー。残念。
指パッチン刺されるシーンなんか犯人の思わせぶりな台詞と新聞記事で事足りるんだからカットすりゃいいのに。
それから最後のキャタピラで動くロボを見たケンヂの「こんなロボット俺たちの思い描いたロボットじゃない」的な台詞は欲しかった。
子供の時の夢をおかしな形で具現化して踏みにじったともだちに対しての怒り、思い通りになんかならないという拒否感を表現したキーワード的な台詞だと思うのです。
エンドロールは変なぶつぎれだし、ケンヂの歌は第二章で初だしするべきだったかと。

まぁ10点中7点くらいかなー。
ちなみに映画を観るまで最終巻「21世紀少年」下巻のみ未読だったのですが、昨夜読みました。
なかなか良いラストであったと思います。
映画三部作が完結したら全巻読み直そうと思います。
今まで借り物で読んでたゆえに読み返したことないんですよね。細かいことなんか忘れちゃってるし。

●拍手ありがとうございます!
・08/25 04:50 iicHikoさん
→更新多すぎてすいません。調子のりすぎました。こないだの更新でいれたかったけど時間的に諦めたネタがあるので近いうちにまた更新します。

・08/25 08:28 とわさん
→ポーズを修正すると全てのシェルを変更しなければならないという罠です。元々BRHの2人はシェル一発描きだったのでかなりテキトーだったんですよね。ようやく修正できて良かった!

・08/26 00:03 貴乃久遠さん
→表情自体はバリエーション少し追加したくらいですが、ポーズが変わると印象変わりますからね?。
エラーは他に聞いてませんが、その後ちゃんと更新できましたか?

・08/27 23:33 MASAさん
→夏コミけっこういい加減な検査だったんですね。企業ブースって人気あんまりないんでしょうか?
行ったことないのでよく知りませんが、会社の新卒で入社した子がヲタで、2時間でバテると言ってました。

・08/30 03:11 匿名希望さん
→いや、たいして嬉しい情報でもないような…………。

・08/31 20:24 台湾人さん
→そう言われると親として大変嬉しく思います。ありがたや。
Copyright © AHO NOTE. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。