スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌われ松子
「嫌われ松子の一生」を観に行きました。

梅田HEP NAVIOで観ようと思ってたけど人が多かったので今回もフェスゲに移動です。
そんなワケでちょっとしたレビューぽいこと書こうと思うのでこれから観に行く予定の人は続きは読まないでくださいな。念のため。

観に行く予定のナイ方へ。
映像クリエイター目指してるのであれば是非観るべき。

まず、画面の作り方が面白かった。
カメラワーク、ストーリーの構成、細かい色調の変化。
それから、ミュージカル仕立てなのがとてもよかった。コロコロ歌が変わるのに全然違和感なく、物語の世界観と合致していた。
ストーリー的に「めちゃくちゃ面白い!」とは、言えない(基本的に辛口なので、あたしは。普通に楽しめたけどね)。けど、「楽しかった!」って言わせる作品だな、と思った。
パンフの原作者インタビューを読んで思ったけど、この映像美・音楽との融合は原作とはかけ離れたものであるらしく(原作読んでない)、あたしは画面の豊かさに惚れたので、おそらく原作から読んでたら面白いと感じれなかったでしょう。多分。
そういや同僚が「原作読んだけど好きじゃなかった」って言ってた。暗いからね。


前置きはさておき。

っていうか勿体ないくらいキャストが豪華!ほんの数カットしか出てないのに勿体ない!って人が結構いた。

それにしても中谷美紀はすごいなと思った。
本人は謙遜されてたけど、ものすごい演技の立ち回りですね、これは。
最近あまり中谷美紀をキレイだとは思ってなかったけど、ホントすごいキレイでした。顔だけじゃなくて、全てが。
ちなみにあたしは囚人の時の出で立ちが一番お気に入りです。ああいう髪型が似合うのは、美人だからですね。
先生時代の古めかしいメイクやヘアスタイルもとっても可愛い。
しかし、叫ぶや、うなるわ、変な顔するわ。今までに見たことないくらい感情変化が激しい役で、「あまりに過酷で女優を辞めようと思った」と制作発表の時に言ってただけはあるなと思った。


曲もどれもとてもいい。
お気に入りは「愛はバブル」。また、どの曲もつなぎがとても格好良かった!冒頭のカエラのムービーもむちゃくちゃ可愛い!
また、テレビの使い方が巧いですね。時代がよく分かって楽しめました。
火サスもいい具合に物語に挿入されてて笑いました。

お花畑がでてきたり、抽象化された景色が登場したり、「リアルでないからこそ面白い」画像ができあがっていて、ただリアルさを追求してるだけのつまんないCG合成映画より全然イキイキしてて素敵でした。
日本人って、こういうの作るのうまいよな。



見た目はそのくらいに、一応ストーリー的に。
映画自体は悲しい話で、けっこう泣いてしまいました。
松子さんはとても不思議で、莫迦な人だけど愛すべき女性だなあ、と思いました。直情的すぎたんだろうね、多分。
最後死んじゃってせつない…。


お気に入りキャラは瑛太くん演じる甥っ子くんと、沢村めぐみ嬢。啖呵が勇ましくかっこよかった!しかし、一体いくつだったんだ????
ゴリのメイクは最初ビックリした。口の中の、シンナー吸ってそうなボロボロ具合は、一体どういう特殊メイクなんだろう?歯もなかったし。すごいな。
あと、劇団ひとりはああいう役うまいよな。なんかLIFEカードのCMと出で立ちがかぶってる気もするけど。

Comment

 秘密にする

初めまして。
映画はたまにしか観ませんが、すごく贅沢なメディアだと思います。スタッフの「これでどうだ!」って意気込みのこもったシーンが、短い尺の中に盛りだくさんで、テレビの連続ドラマよりちょっと得した気分になれますよね。
中谷美紀は好きですので、ぜひ観たいと思います。映像効果にも注目ですね。
tenpura | URL | 2006/06/17/Sat 00:27[EDIT]
とても素敵な画面でしたよ。
中谷美紀ファンなら絶対楽しめると思います。色んな姿見れますよ~。かわいいです。
後は観に行かなくちゃいけないのはデスノートとダヴィンチかなー。
竜王 | URL | 2006/06/19/Mon 12:44[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © AHO NOTE. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。