スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ええ!?
宝塚歌劇の太王四神記を観ました。ヨンさまがやってた、韓国のSFXドラマの舞台化です。
原作のドラマは1,2回観た程度だったのですが、あの長いストーリーをよくも3時間内にまとまたものです。舞台すごくよかった?!
あたしは宝塚好きですが、演じている方のカッコよさよりも、舞台装置などに興味があって観に行ってるのですが、今回はそういった舞台仕掛けみたいなのがたくさん観れて超満足。
スターたちも歌もうまいし、迫力満点でした。曲もカッコよかったです。
題材の話題性のためか、いつもより男性の来場者も多かったです。
…………今からだと休日は確実に立ち見だと思いますが、どうですか?

で、帰りに次回公演のチェックしようとポスター告知を見てビビりました。
宝塚で逆転裁判。何ソレ全然知らなかったわ!それについての記事はコレとかかな。
ちなみに「バウホール」はメイン歌劇会場ではありません。普段、歌劇団はトップスターが必ず主役をやるのですが、バウホールではトップスターではない、3番手あたりの人たちが主役を演じるなど、力だめし的要因もある舞台なのです。
しかし、何でまたこれが宝塚に?

宝塚を観に行ってるんで、大体どういったアレンジがされてしまうのか想像は付きますが、ナゾです。

●拍手ありがとうございました!返信は後日します!●
Track Back
TB*URL

Copyright © AHO NOTE. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。