スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューザレ・ボルジア・ヴァレンティーノ
チューザレ・ボルジアという歴史上の人物の名を初めて知ったのは、川原泉の「バビロンまで何マイル?」という漫画でした。

チューザレ・ボルジアというのは、ロドリーゴ法王を父にもち、天才的な政治能力でイタリアの統一という野望に燃えた若き公爵で、日本人でいうと信長みたいな感じ?(全然違うけど立ち位置的に)

「バビロンまで何マイル?」は、ふとしたことでどんな国の言葉も理解することができる「ソロモンの指輪」を手にした主人公・仁希と幼なじみが、指輪のおまけ機能により恐竜時代からルネサンス時代までタイムトラベルするというお話。
2人はチューザレの妹ルクレィツァと出会い、チューザレ公爵の別荘でお世話になることになる。
ボルジア家の重い話を川原氏特有の軽いタッチで描いているので、ヨーロッパの複雑に絡む勢力事情を理解しやすく面白い。彼女の作品野中でもかなり好きな漫画です。

主人公2人組はチューザレのことをよく知っていたので、あたしが無知なのだと思い両親に聞いたところ、2人とも知らなかった。(うちの両親は日本史やアジア史にはかなり強いけど)西洋史を専攻しない限り学校でも習わないようなので馴染みは薄いみたいです。

そんなわけで川原泉の漫画で興味をもったものの、それ以降は他のメディアで目にすることはなかったのですが、こないだ本屋にいくと!
「チューザレ」という漫画を見つけました。
少女漫画界でのベテランの惣領冬実が作者で、繊細で優雅なイラストです。店頭の人物相関図を見る限り、川原作画とあまりズレがなかったので、すんなり受け入れられました。

1.2巻同時発売だったようですが、本が分厚く重いのでとりあえず1巻を購入。
読んでみると1巻はかなりプロローグ的で、面白いかどうか見極めることが不可能だったので2巻を読んでみたらすっかりはまってしましました(* ^ー゚)
普段ならこういった横文字ばかりの伝記漫画は理解するのに時間がかかるのですが、ある程度の予備知識があったので、さほど苦にもならず。

おそらくこちらの漫画の方が文献数なども勝っていると思うのでより忠実かと思います。まあ漫画の毛色自体がさっぱり違うので比較しようがないですが…。
チューザレは頭がよく、成長が期待されるのでこれからもっと面白くなりそうです。

表紙も真っ白で、電車でも読めるので社会人にオススメ。
ぜひどーぞ。

イラストは一応右が川原氏チューザレ、左が惣領チューザレ、のつもりですが何分狭い上記憶だけで描いたのでたいしたかき分けできてない。
髪の長さくらいか?

Comment

 秘密にする

小説では塩野七生さんの『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』が面白いですよ。チェーザレは『君主論』のモデルとされていますね。
本人よりボルジア家の毒の方が有名な気がします。
| URL | 2006/11/08/Wed 22:15[EDIT]
タイトルだけで興味をそそられます!面白そうですね~。
本屋行って探してみます。文庫なら電車で読めるし。
竜王 | URL | 2006/11/09/Thu 12:22[EDIT]
初めまして。
懐かしいですねぇ、バビロンまで何マイル?。
私もチェーザレを知ったのはその本を読んでからなので、ちょっと興味が沸きました。
家族友人に聞いてみたところ、父親と、友人の一人が知っていたので、そこそこ知られた名前なのかなぁと思ってたんですが…。やはり西洋史専攻でないとなかなか出てこないのですね。
Hugues | URL | 2006/11/14/Tue 15:59[EDIT]
バビロンは続編いくらでもやれそうなので続きを描いて欲しい今日この頃。
今集めている「ブレーメン3」で川原泉作品は全て網羅したことになりますのよ。

チューザレ面白いですよ!早く続き読みたい!
チューザレ時代背景はかなり有名ですけどね~。ダークなヒーローぽくて若い世代には人気でそうですが。
竜王 | URL | 2006/11/23/Thu 17:14[EDIT]
作家(監修の学者も)が心酔しすぎて、ちと美化し過ぎな気もしますがね。
通りすがり | URL | 2007/06/27/Wed 17:42[EDIT]
面白かったです
面白いですね。検索からきました。足跡で失礼しました。
サヤキ | URL | 2008/11/07/Fri 18:56[EDIT]
美化はしょうがないかーと思ってます。
チェーザレはダークヒーローですし、何しろ美化されたままでは妹との関係が説明付かないですよね。
どうするんだろう?
竜子 | URL | 2008/11/10/Mon 03:50[EDIT]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2008/11/12/Wed 15:04[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © AHO NOTE. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。