スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラVのOVAを買ってしまった
昨日、アニメイトT店に行ってしまいました。
ここに初めてきたのは中1。小学校を卒業してから関西に越してきて、友達に連れてこられて非常に面食らったな。

昨日もまあ、いろんな意味でキョロキョロしてしまいましたとも。
何というか、周りが二次元絵ばっかりだと、今自分がどこにいるのか分からなくなってしまうんですよね…………。

ダイアナさて、前置きはこれくらいにして。
何でアニメイトに行ったのかというと、先日書いたサクラVのレビュウショウのDVDを買いに行ったのです。
しかし、最近アニメ作品が多いからなのでしょうか? DVDはVのOVAしか置いてなかったんですよね?がっかり。
しょうがないので、今度東京出張行った時か、今度心斎橋方面に行った時にでも太正浪漫堂にでも行ってこようかなと思っています。
せっかく恥を忍んできたのに手ぶらで帰るのも何なんで、OVAの1巻と2巻を買ってきたわけです。
1巻に2話入ってるし、まあいっか、みたいな。


そんなわけで早速2巻分100分鑑賞。
以下レビューしますので観る予定の方は読まないでくださいね。ちなみに竜王辛口なんで。
□OPムービーは曲に動きがあっていないので観ていてイライラします。プロなんだからそれくらい気を遣ったらどうなんだろう?最後のプチミントのカットも意味不明だし。
しかし作画はゲームと全く同じなので安心して見れる。

■1話
□展開早い。っていうかプチミントばっかりだし! 男の新ちゃんの方がいいんだけどなあ。
あと、素人に主役をもちかけたりするのはサクラ世界の嫌いなところだな。どこが本場のブロードウェイやねん、みたいな。でも昴がかっこよかったのでまあいいか。
まさか戦闘があるとは思っていなかったのでびっくりした。
モーションもゲームと同じだし、ゲームをやってるような変な感覚。攻撃もゲーム中じゃ見れないアングルなので新鮮。何よりちゃんとエイハブが役に立ってるのがいいね。
勝利のポーズも映像でやるの珍しいし。(3のOVAは観てないから知らないけど)
□ED曲が面白い。この二人の組み合わせなかなかいいな。曲もミュージカル仕立てだし。

■2話
□ダイアナが思ったよりお茶目さん。こんな性格だったっけ? けっこう変なヤツだね。話自体はツッコミどころ多すぎだけど、ダイアナ可愛かったので良しとしよう。
□つか新ちゃんのポジションは普通はヒロインがやるべきだよね。

■3話
□昴はかっこいいけど、信長の話の後にこれがあると違和感が。1話でも新ちゃんに主役薦めてたくせに…………。
ツタンカーメンとの絡みも今ひとつ説得力に欠けるし。
2話も3話も、みんなの心を奪ってく様が分かりにくい上動きが少ないよな。

■4話
お母さん登場。意外な性格だがこの人好き。
双葉さんの初登場は多分第一期のドラマCD。大神が姉宛ての手紙モノローグを展開していたはず。10年くらい前の話だから記憶に薄いけど。
何で両親じゃなくてお姉さん宛に手紙書くんだろうと疑問に思った。
4のさくらEDでも「姉に会って欲しい」と言っていた(弟がクリアしたのを横で見ていた)し。
しかしその理由がはっきり分かった。
こんな性格だったからなんだね。きっと大神も姉に鍛えられたんだろう。
てっきり両親がいないのか思っていたよ。
どうでもいいけど、何でエイハブで出向いたくせにスターに乗ってなかったんだろう? 意味がよくわからん。お母さんまで生身で来てるし! 誰かとめろよ。
しかしこの話はリカじゃなくてサジータよりじゃないかい?
あとラストでダイアナが嫁に名乗り出たので驚いた。ゲームとはやっぱ性格違うくない?

■今までのゲーム以外のサクラってヒロイン目線になってしまってイマイチ盛り上がりにかけた気がするけど、今回はちゃんと新次郎が主人公なのでいいな。
■もしかしてこれ、本当はゲーム用に書いたシナリオなんじゃないだろうかと思った。
どの話も急ぎ足だし、話の構成が信長の話と同じだし、1話で戦闘があるのもそれっぽい。
何より冒頭の「伯林華激団」って何だよ! Vでずっと続けていくって言ってたのに、もしかして6では舞台変わるのかな…………。ショック。
あんまり華激団作らんといて欲しい。
ラチェットがわざわざ出向いたってことは最後の星組メンバーも登場するのかなあ。
■まあめっちゃ面白い!ってことはないけど、それなりに楽しめました。70点かな。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © AHO NOTE. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。